こんな人が利用しています

  • 結婚適齢期がだんだん延びている。
  • 女性が一人で生きていける経済力を持った。
  • 結婚への理想が高い。
  • 出会いの場が少なくなった。
  • 理想を追いすぎてしまうため、異性とうまく付き合えない。

こういった様々な理由で、結婚をしたいという願望を持っていても、なかなか結婚までいきつかないという人が増えています。また、忙しさに追われて出会いの時間も場所もないという人や、結婚したいと思っていても、以前の結婚適齢期という年齢にはまさに仕事を覚えて楽しくなっている年齢で、結婚する機会を逃してしまっているなど、社会変化の中で結婚から取り残されている男女が多くなっています。

20代では結婚しようという気にならなかったけど、30代になり結婚願望が出てきた。でもすでに同年齢の異性は既婚者。自分より下、また上の年齢層と出会う機会もなく、結局結婚が遠くなる。悪循環になってしまうのです。
また現代は、結婚できない男女が結婚相談所や婚活サイトに行くという時代から、「自分の希望に沿った結婚相手をみつけてから恋愛する」という意思へ変化してきています。

希望に合ったパートナー 恋愛した相手と結婚を考えたら、さまざまな障害があり結婚までいけない・・・というリスクを回避し、まず希望条件にあった相手探しから始めるということへ思考の転換を行った方々が多くなったのです。最初から希望条件に沿った相手なので、お付き合いを始めて結婚の際に障害が出るということがない。つまり、結婚への近道ということになるのですね。

結婚できない人、出会いがなかった人、時間を作れなかった人、結婚に積極的でなかった人・・・それにプラスして、積極的に希望に沿った相手を見つけて最初から幸せな結婚への道を切り開く人が多くなったということです。

幅広い年齢層の方が、幅広い理由で結婚相談所や婚活サイトを利用しています。「自分なんて・・・」と思う前に、まず、結婚相談所を利用して理想の相手を突き詰めていくのもいいことだと思います。

結婚相談所を探すなら
無料一括資料請求はこちらをクリック