結婚相談所には、大手が運営する全国区なものと、地域密着型のものがあります。それぞれに利点があり、その特徴を知ることで利用の仕方も違ってくると思います。どのような違いがあるか比較してみましょう。

会員数の違い

まず大手結婚相談所と地域密着型の結婚相談所との大きな違いは、会員数の違いがあります。大手の場合、会員数は非常に多く全国区です。地域密着型の場合、会員数は少なく、地域が限られます。大手は、全国区に対して広告を行いますので、さまざまな地域から登録があります。地域密着型の場合、地域にそった会員勧誘を行いますので、その範囲は狭いです。

セキュリティの違い

大手密着型の場合、大手企業が運営し、会員数も多いことからセキュリティ面などに信頼が厚くなります。地域密着型もセキュリティ面を強固にしているところが多くなっていますが、大手と比較するとやはり劣ります。

地域を限定するなら地域密着型

地域密着型の場合、きめ細かいサービスがあるということと、地域に精通しているため地域を限定して探したいという人にとっては、非常に心強い相談所となります。地域に根差して長い年数営業しているというところが多いので、地域に関して様々なことを知っているのです。実績や経験に基づくサービスは素晴らしいものがあります。

どういった相手を望むのか、どういった婚活を行いたいかによって利用する結婚相談所を選択する、また使い分けて行きましょう。そうすれば、幅広い婚活ができると思います。

あなたに合った結婚相談所を探すなら
無料一括資料請求はこちらをクリック